ピル関連記事

マーシロンってどんなピル?効果や使い方を紹介!

masiron

マーシロンとはどんなピルなのでしょうか?

マーシロンは超低用量ピルで、よく売れているピルの1つです。

有効成分としては、デソゲストレル、卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールが含まれています。

マーシロの詳細はこちら

マーシロンの特徴は?

マーシロンには、デソゲストレルとエチニルエストラジオールが含まれていて、このホルモンを定期的に服用することによって排卵に必要なホルモンの分泌量を減らして、排卵が起こらないようにさせるのが特徴です。

さらに、精子が子宮に入りにくくするという効果があり、受精卵が着床しにくい状態にすることで、妊娠を防ぐのが大きな特徴です。

マーシロンを服用することで得られるのは、避妊効果です。

個人差があるため100%の避妊効果を得ることが出来るわけではありません。

使い方としては、1日1錠で、毎日一定の時間、21日間連続で経口投与してその次に続けて、偽薬を7日間の合計28日間連続投与します。

避妊をしたいと考えている期間はこれを繰り返し行います。

休薬期間がなく、繰り返し服用することが可能なので、飲み忘れを防いでくれるのも特徴的です。

万が一、飲み忘れてしまった場合は、1日以内の場合ならすぐに服用して、その日の分も通常通り服用します。

2日以上飲み忘れてしまった場合には、その周期の服用を中止して、次の周期から新しいシートで開始するようにしましょう。

注意点としては、服用している期間は血栓症になる可能性があるので、命の危険となる場合もあります。

しびれ、痛み、息苦しさ、その他体に異変を感じた場合にはすぐに服用を中止して、医師の診察、治療を受けるようにしましょう。

副作用として、エストロゲン作用、ニキビ、多毛、体重の増加、血栓症、腹痛、下痢、不正出血などの症状が出る場合があります。

そのような場合には、医師に相談、診察をしてもらいましょう。

マーシロの詳細はこちら

マーシロンとマーベロンの違いは?

マーシロンと他の薬を比較した場合には、どのような違いがあるのでしょうか?

ピルの中でもよく知られているマーベロンと比較してみると、主成分はデソゲストレルとエチニルエストラジオールが含まれていてどちらも同じです。

しかし、服用の方法が大きく違います。

マーベロンは、1日1錠を一定の時間毎日、連続で21日間経口投与してその後7日間休薬するのが特徴です。

マーシロンの場合には、マーベロンと異なり、休薬期間が設定されていないので、飲み忘れをしにくいのが特徴です。

21日間の連続経口投与のあと、7日間は、偽薬を投与します。ここが大きな違いです。

マーシロの詳細はこちら